真の原因療法。 “生命力”アップへの道
kenshou-seitai.com
  全ての病気を治す力は、自分自身に備わっています。
お問合せ
 
健翔整体院 本院(福岡)
健翔整体院 群馬治療室(群馬)
健翔整体院 薬院治療室(福岡)
健翔整体院 古賀治療室(福岡)
健翔整体院 青森治療室(青森)
福岡本院の携帯サイトhttp://mw.kenshou-seitai.com/

松本式脳幹療法
「真の原因療法とは」

ご購入は[お問合せ]または
各整体院にて発売中
ミネラルの重要性

人体は、脳という精巧なコンピューターで情報を管理しています。
(見る・聞く・話す・動く・感覚・感情・行動など)
情報のやりとりは、脳と体をつないでいる神経が、
電気信号を伝達することで行われています。


神経伝達物質として、13種の必須ミネラル必要不可欠です。
ひとつでも欠けると人体はその活動が
止まってしまうと言われています。

カルシウム 不足すると骨粗しょう症に。食品中のカルシウムは小腸から吸収され、血液中に入る。血液中のカルシウム濃度は、 副甲状腺ホルモンが調整している。カルシウム濃度が下がると、副甲状腺ホルモンは骨を分解してカルシウムを放出する信号を送る。

ナトリウム 体内の水分量を調整し、神経や筋肉の電気信号の発生を促進。さまざまな物質が細胞に出入りするためには、なくてはならない成分だ。

マグネシウム 心臓発作を防ぐ。高血圧・不整脈・ぜんそく・腎臓結石を改善する等スーパーミラルである。

カリウム 血圧調整(しくみは、体細胞からナトリウムをくみ出して体液を減らす)・血圧降下作用は大きい臓の収縮や刺激伝導を正しくし、全身の神経に電気信号がすばやく伝達されるために不可欠の働きをする。
 ※カリウム不足・・・心拍の乱れ、脚に力が入らない、シビレ、刺痛、悪心、嘔吐、錯乱、イライラ等。
体内で消費される鉄の多くはヘモグロビンの原料になる。ヘモグロビンは肺から体のすみずみへ酸素を運ぶ赤血球の成分だ。これ以外の鉄は、骨髄・肝臓・脾臓など臓器に蓄えられる(鉄は免疫細胞の成長に必である)
心臓病や骨粗しょう症、強い骨を持つ人に比べ、銅の血中濃度が低い。

亜鉛 新しい皮膚や精子の形成から、免疫系の強化にいたるさまざまな機構に必要なミネラル。
※体内に異物が侵入した場合、亜鉛と亜鉛を含む酵素が協力し合って
新しい免疫細胞を作りだし、戦場に向かわせる。(ウィルス感染に役立つ)

クロム ボイラーに燃料をくべるシャベルのようなもの。クロムはインシュリンと協力して血液中のブドウ糖が細胞膜を越えて細胞の中に入るように促す。

モリブテン 亜硫酸オキシターゼという亜硝酸塩(たんぱく質を含む食品や、食品保存剤、薬剤に含まれる)などの解毒に役立つ酵素を形成するミネラル。

マンガン 強い骨を作ってそのまま維持する働きを持っている。


プライバシーポリシー お問合せ
Copyright(C)2011-2012 OLA_Shyukai All Rights Reserved